FIコンを導入する・後編

  • 2019.02.14 Thursday
  • 23:35

前編を丸ごと前置きに使いました。早速、取り付け作業を始めます。

 

FIコン取り付け自体に必要な工具は、必須のプライヤーとトルクレンチの二点です。トルクレンチはあれば良いぐらいです。

 

武川 FIコントローラー

 

FIコン本体は最後にカプラを繋ぐだけなので、安全な場所に置いておきます。軽く小さいので、その辺に置いておくと落としてしまいます。

 

 

重要なのはこっちです。とりあえず、説明書を見て配線を繋ぎます。

 

武川 FIコン 取り付け図

 

・・・。

 

・・・・・・。

 

???

 

いや、これ、意味が分かりません。どうしろと。

 

そう。今回のFIコン取り付けで一番の難点だったのは、何と素人から見て「説明書が説明書になっていない」ということでした。A4用紙に小さい字と図で、ここをこう繋げと書かれているだけで、まず位置関係すら分からないという有り様です。

 

車両の部品の形と説明書に書かれている図をにらめっこしながら、「多分、ここだよな?」と四苦八苦しながら進めます。以下の取り付け方法の説明の背後には、艱難辛苦があったものと考えていただけると報われます。

 

 

過去記事:外装の外し方

過去記事:荷台の外し方(ボディカバーの外し方)

過去記事:バッテリーの外し方

 

FIコン取り付けの事前準備として、レッグガードやボディカバーなど外装をほぼ全て外す必要があります。外し方は過去記事を参考にして下さい。

 

一番最初にバッテリーのマイナスターミナルを外しておきます。

 

 

スロットルボディのセンサーユニット5Pカプラの黒色のビニールチューブを裂きます。全部裂く必要はないので5cmから10cmほど、ビニールチューブを"開く"ぐらいにすれば十分です。

 

目の前に見えるのがモジュール化されているセンサユニットそのものです。

 

 

すると、5本の配線が見えますので、黄色コードを指で外に出します。

 

 

FIコンの黄色コードと、付属のエレクトロタップで繋ぎます。エレクトロタップは金属板が二本の配線の被覆を破り銅線と接触させることで配線の分岐を行います。このとき、必ずプライヤーを使ってエレクトロタップをぐっと潰して下さい。先の細いペンチなどを使うと圧力が均一にかからず確実に失敗します。100均のプライヤーもここは止めた方が良いです。

 

この黄色コードはスロットル開度センサのパルス(?)信号が通っています。FIコンの補正はスロットル開度と回転数から設定されるもののようで、ここからスロットル開度信号を得ているわけです。

 

 

このエレクトロタップはZの形に潰すタイプの物で、やや混乱するかもしれません。折り返して閉じます。FIコンの黄コードとギボシで繋ぎます。

 

 

次に、車両のインジェクタ2Pカプラに、FIコンのカプラを割り込ませます。つまり、写真の位置のカプラを外して、配線のカプラでそれぞれ繋ぎます。

 

この写真の形に接続できればOKです。

 

インジェクタ2Pカプラは奥まった所にあるので、位置が分からないと見つけるのも苦労します。暗いと影になって見えません。さらに、新車の状態だと黒のハーネステープでぐるぐる巻きにされています。剥がしましょう。

 

先ほどの5Pカプラもですが、スロットルボディのカプラは全てハーネステープが巻かれているので、初めてやる場合には尚更位置関係が分かりにくいと思います。写真では作業の前後で全て剥がしています。

 

これで、スロットルボディ部の配線作業は終了です。

 

 

次はボディカバー部へ移ります。

 

Rボディカバーの下には丸型端子が三つほどまとめてボルトで固定されている部分があります。ここが正式なボディアース部で、FIコンのアースもここに接続します。FIコンのはクワ型端子なので、少し緩めて差し込みます。締め付けた後で、ぐらぐらしないかしっかり確認ましょう。

 

 

Lボディカバーへ行きます。Lクランクケースカバーから伸びている配線(黒いビニールチューブ)を辿って行くと、ドライブスプロケットカバー上の奥まった側に、黒い絶縁カバーで覆われたコネクタ(ギボシ)があるはずです。絶縁カバーをずらしてギボシを外したら、FIコンのギボシを繋いで割り込ませます。

 

写真では分かりづらいですが、ここはカプラが手前と奥で二つ並んで固定されていて、写真で見えている白いカプラは、ニュートラルスイッチ9Pカプラです。今回の作業とは関係ありません。この奥にもう一つあるのがACジェネレータ2Pカプラであり、その手前で分岐しているのが今回見つけるべきクランクパルスジェネレータコネクタです。

 

ここは見つけるも大変で、位置もかなり分かりづらいです。

 

FIコン12.JPG

このようになります。

 

ここはクランクパルスジェネレータからの配線で、ECUがエンジン回転数を得るためのパルス信号の通り道です。FIコンを間に噛ませることで、ECUに回転数を錯覚させて、結果的にレブリミットの上限を引き上げています。(多分。)

 

これで車両への配線作業は終了です。

 

FIコン13.JPG

 

残った3PコネクタをFIコン本体と接続します。これでFIコンの接続が全て完了しました。

 

このときはあくまで取り付けが完了しただけなので、外装を組み立てるのはまだ後にして下さい。

 

最後にバッテリーのマイナスターミナルを繋ぎます。

 

前編後編で終わりませんでした。次回はFIコン設定編です。

 

 

■おすすめ

KTC コンビネーションプライヤー

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

ad

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM